since.1996 ADリンク
 ヨツボシトンボの羽化記録 / 2007.4.16

ヨツボシトンボは、山地に近い植物の多いため池や湿地などに棲んでいます。
4〜5月に羽化をします、局地的に分布するトンボです。

水面近くに見られるようになると、やがて草などにつかまり上へのぼり始めます。

背中が割れ膨れてきます、そして頭が抜けます。ほんの数秒の出来事です。

横から見てみると、体をそらせて足を抜いているのが判ります。たたまれている羽も出てきました。

足に力が入るまで少し休んで、今度は体を曲げてお腹を抜き出します。

たたまれた羽に体液を送り込み羽をのばします。

羽が伸び切ったら最後にお腹をのばします。そして最後に余分な水分などを尻尾の先から出します。

羽を開き乾かしはじめます。そして少しづつ体の色も出てきます。

時々向きをかえたり、小刻みに震わせたりし、朝には羽化は終了します。


自然(じねん)塾

幼虫天国

両生類くらぶ

★★★★ 飼育用教材のことなら・・・幼虫・さなぎの SANAGIYA ★★★★


since.1996 ADリンク
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO